素材からこだわるものづくり


egfでは、リングのクオリティーを追求するために、
デザインや製作技術だけでなくリングそのものの地金まで開発しています。
例えば、変形しにくい弾性バランスのとれた地金を作り出す為に、フォルツハイム工科大学とドイツ、イタリア、フランスから招いた
金属工学者と共同開発を行い、結婚指輪として理想的な強度を実現しています。
また、近代的な設備の整ったegfでは、デザインを形にするための加工工具まで社内製作しています。


独自のデザインⅠ - ドナウェーブ -


個性的で存在感のあるデザインが特徴のegf。
中でも「ドナウェーブ」は、女性からも男性からも支持される人気のデザインです。
曲線に加工した鍛造リングを有機的に重ね合わせ、幅があるのに圧迫感なく仕上げられています。
黒い森を源流とし、黒海に流れるドナウ河をイメージして名付けられました。

独自のデザインⅡ - マーブルリング -


ラグジュアリーな個性を主張するこのリングは、
日本に古来からある伝統的な製法〝木目金″をドイツでアレンジした製法で作られています。
ひとつのリングが完成するまでに驚くほど高度な技術が投入されて、世界でたったひとつのリングは完成します。

リーディングブランドでありつづける理由


リングを作るだけではなく、リングを含めたライフスタイルを提案し けん引するegf。
リーディングブランドとしての地位の確かさは、ドイツ国内で発行されるegf発行の雑誌、
「Simply Love」をめくってみれば一目瞭然です。
毎回、話題のモデルを表紙に使いリングだけではないブライダル全体のトレンドを発信しています。

ドイツから世界へ


現在egfでは、ドイツ国内にとどまらず、日本をはじめとするアジア、アメリカなど全世界を舞台に展開をしています。